住所変更・氏名変更の登記手続き

登記名義人の住所・氏名などの変更登記。

登記名義人とは、所有権・抵当権・根抵当権など「権利に関する登記」の現在の名義人を指し、その住所・氏名(会社の場合は、本店・商号)に変更が生じた場合、その変更の登記を申請する必要があります。

登記名義人の住所・氏名などの変更登記をお手伝いします

必要書類の収集から法務局との打ち合わせなど、まとめてお任せ下さい。

登記名義人の住所・氏名などの変更登記には、登記原因証明情報として移転・変更の経緯の全てが確認できる証明書を集めなければなりません。
住所を複数回移転している場合、住所の連続性を確認するためには複数の役所で証明書を取寄せる場合があります。
また、各役所において、コンピュータ化が進んでいるため、保存期間を経過した古い住所の記載されている証明書(紙で作成された原票)が廃棄されている場合があったりもします。
この場合には、住所の連続性を証明することができませんので、事前に法務局に相談して添付書類を確認する必要があります。
当事務所では、登記に必要な証明書の収集や法務局での相談まで、一連の手続きをお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

ご依頼から手続完了までの流れ

ご依頼内容によっては多少異なってきますので、詳しくはお問い合わせください。

step 1電話・メールにてお問い合わせ
step 2費用を見積り、お客様にご確認いただきます
ご納得いただいたうえで手続を開始します
step 3当事務所において必要書類を収集・作成します
step 4お客様より必要書類へご署名ご捺印いただきます
step 5法務局で登記申請をします
step 6手続完了のご報告・完了書類のお渡しをします

費用

手続きにかかる費用は、司法書士報酬と実費の合計額となります。

税込 1万7,000円〜

内訳

業務内容実費報酬 (税込)
住所変更・氏名変更登記登録免許税
不動産1個につき 1,000円
1万5,000円〜
事前閲覧
397円〜
登記事項証明書(とう本)
550円

ご依頼の際にご用意いただくもの

ご依頼内容によっては多少異なってきますので、詳しくはお問い合わせください。

  • 住所・氏名等の変更を証する書面
    (住民票・戸籍の附票・戸籍謄抄本・会社の履歴事項全部証明書等)
    ※登記記録上の住所・氏名・本店・商号から現在の住所・氏名・本店・商号への移転・変更の経緯の全てが確認できるものが必要となります。
    この登記は、事案により必要な証明書が異なりますので、個別に当事務所にご相談ください。
  • 身分証明書
  • ご印鑑

お客様の生の声お客様の生の声

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

× 閉じる