はやみず事務所トップ > 会社登記代行 > 会社解散 清算結了登記の格安代行

会社解散 清算人 清算結了の登記手続き代行

会社の解散・清算をお考えのあなたへ!

会社を消滅させたいけれど、どうすればよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
会社を消滅させるためには、法律で定められた手順にしたがって手続きを進めなければなりません。
まずは会社解散の手続きを行った後、会社の債権債務や財産を清算したうえで残余財産が残れば株主に分配し、最終的に清算結了の登記をする必要があります。
この一連の手続きをこなすには、法的・税務的な知識が必要となりますし、ただでさえ時間がかかる作業となりますので、自社だけで対処するのは非常に困難と思われます。
会社の解散・清算をして会社を消滅させたいとお考えなら、実績豊富な司法書士「はやみず事務所」までご相談ください。

  • 会社を作ったがほとんど業務を行っていないので清算したい。
  • 経営状況が悪化した為、会社を閉鎖したい。
  • 後継者がいないので、自分の代で会社を解散したい。
  • 小規模企業共済の共済金を受取る為に、解散登記が入った会社謄本が要る。
  • 会社を解散する事になったが難しそうなのでサポートしてほしい。

当事務所は、司法書士事務所ではめずらしく、会社の解散・清算手続きに特化した専任のスタッフを置き、万全の体制で解散・清算手続きを代行・サポートしております。
手間のかかる会社解散・清算手続き代行を当事務所にまとめてお任せいただくことで、スムーズに会社を消滅させることが可能となります。
「どこまでやってくれるの?」「費用はどれくらい?」等、まずはお気軽にお問い合わせください。初回の相談料は無料となっておりますので、会社解散でお困りの際は、是非ご相談ください。

手続きの解説動画

会社解散・清算手続きの概要、ご依頼いただいた場合の流れなどを、分かりやすく動画で解説しています。ご参考にしてください。

会社解散とは

会社の解散とは、これまでの会社の通常業務(営業活動)を停止して、会社を消滅させるための清算手続きに入ることを意味します。
会社を解散させるためには、株主総会を開いて解散する旨の決議をするところから始めなければなりません。この解散の決議は、特別決議(議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した株主の議決権の3分の2以上が賛成する決議)で行う必要があります。
また、解散決議を行う際には、通常、解散後の清算の職務を行う清算人の選任も必要になります。解散すると、会社経営のために選任された取締役は当然に退任し、この清算人が解散後の清算事務を行い、また、会社を代表することになります。
なお、会社の解散は登記しなければなりませんので、解散の日から2週間以内に法務局で解散登記と清算人選任登記を行います。
会社を解散した後は、すぐに法人格が消滅するわけではなく、会社は清算の目的の範囲内で存続することになります。

清算手続きとは

株主総会で解散の決議をすれば会社を解散することはできますが、会社に残っている財産や債権・債務をそのままにして法人格を消滅させることはできません。
会社を消滅させる前に、会社の財産状況を調査し、債権や債務を整理する必要があります。この一連の手続きを会社の清算手続きといいます。
清算手続きでは、まず、清算人が財産目録・貸借対照表を作成し、株主総会の承認を得る必要があります。その後、清算人は2ヶ月以上の期間を定めて、債権を申し出る旨の官報公告と債権者への個別の催告を行います。また、債務の弁済や債権の取り立てを行い、不動産等現金以外の会社資産は売却するなどして現金化します。その後、残余財産が確定すれば、株主に残余財産を分配します。
一連の清算手続きが終わったら、清算人は決算報告書を作成し、株主総会の承認を得る必要があります。

清算結了とは

清算結了とは、会社の財産や債権・債務がゼロになり、清算手続きが完了することをいいます。
清算事務終了後、株主総会で決算報告書の承認を受けることにより、会社は清算結了となります。
清算結了により会社の法人格も消滅することになります。
ただし、手続きとしては法務局での清算結了の登記を行って、会社が完全に消滅したといえる状態になります。
清算結了の登記は、株主総会で決算報告書の承認を受けた日から2週間以内に法務局に申請する必要があります。 なお、会社法の規定により、清算手続きで債権申出の公告や催告を行うのに少なくとも2ヶ月はかかることになります。そのため、清算結了の日が清算人就任後2ヶ月以内になっていれば、清算結了登記を受け付けてもらえませんので注意する必要があります。

会社解散・清算手続き・清算結了の関係

会社を消滅させるためには、法律に則った手続きを行う必要があります。上で説明したとおり、会社を消滅させる手続きには、会社解散、清算手続き、清算結了という3段階があり、これを順番にこなしていかなければなりません。
第1段階の会社の解散では、株主総会の解散決議、清算人の選任、法務局での解散・清算人選任登記が必要になります。
第2段階の清算手続きでは、株主総会による財産目録・貸借対照表の承認、債権申出の公告・催告、残余財産の確定と株主への分配、株主総会による決算報告書の承認を行います。
第3段階の清算結了では、清算結了した旨の登記申請を行います。
これらの手続きをすべて終わらせると、ようやく会社が消滅することになります。

お客様よりお喜びの声を頂いております!

お住まい/東京都港区
お名前・性別/Y様・女性
わかりやすく、丁寧で、早い対応、素晴らしいです。

会社解散、清算手続きのご相談を致しました。
たいへんきめ細やかにご対応いただき、誠にありがとうございます。
   設立の登記は自分でできたので、清算もどうにかなるかと思ったらとんでもない!
ネットでいくら調べてもよくわからない状態でしたので、お願いして本当に良かったです。
ご紹介下さった税理士の先生も良心的な金額で、面倒な事をすべて行って下さったので、本当に助かりました。
わかりやすく、丁寧で、早い対応、素晴らしいです。
本当にありがとうございました。

解散・清算結了の必要性

会社が存在すれば、たとえ実際には営業活動をしていなかったとしても法人住民税の均等割(最低7万円)が発生します。
また、休眠中とはいえど、役員の任期が満了すれば、登記する必要があり、これを怠ると過料(罰金)が課されることもあります。
このような出費をしないためには、原則として会社を解散し、清算結了する必要があります。
これにより、会社は法律上消滅することになります。
当事務所では、リーズナブルな料金で会社の清算手続きをお手伝いさせていただいており全国から多数のご依頼をいただいております。
解散・清算手続きにつきましては是非お気軽にお問い合わせください。

解散・清算人選任・清算結了の手続き

解散・清算手続きをお手伝いします。

解散・清算手続きには、大きく分けて、①登記等の法的手続きと、②税務上の手続きに分かれます。

登記等の法的手続きについては、登記申請に必要な各種書類の作成はもとより、議事録作成、公告手続き代行など、諸手続きを一括してお手伝いさせていただきます。
税務上の手続きにつきましては、当事務所の提携する税理士を紹介させていただくこともできます。
この場合は会社の現在の状況を確認させていただければ、税務手続きのほうも無料でお見積もりさせていただきます。
もちろんお客様自身で税務手続きをされる場合は、費用は生じません。

株主総会決議で解散と清算人の選任
法務局へ解散・清算人選任の登記申請 2週間以内
税務署等へ解散の届出
債権者へ広告(官報公告)・通知 遅滞なく
税務署へ「解散確定申告書」の提出
会社財産の換価・債権取り立て・債務の弁済・残余財産の確定
税務署へ「清算確定申告書」の提出 残余財産確定後1ヶ月以内
残余財産があれば、株主に分配
決算報告書の作成と株主総会の承認
法務局へ清算結了の登記申請 2週間以内
税務署等へ届出

ご依頼から手続完了までの流れ

電話・メール・郵送により手続きできますので、全国対応 しております。

step 1 – お客様 電話・メールにてお問い合わせ
→「登記事項証明書(会社謄本)」と「定款」をメールまたはFAXにて送信いただきます
step 2 – 当事務所 費用を見積り、お客様にご確認いただきます
※ご納得いただいたうえで手続を開始します
step 3 – 当事務所 解散登記の必要書類を作成し、お送りします
step 4 – お客様 お客様より必要書類にご捺印いただきます
※郵送にてやりとりします
step 5 – 当事務所 法務局で解散の登記申請をします
step 6 – 当事務所 2ヶ月の清算期間経過後に、清算結了登記の必要書類を作成し、お送りします
step 7 – お客様 お客様より必要書類にご捺印いただきます
※郵送にてやりとりします
step 8 – 当事務所 法務局で清算結了の登記申請をします
step 9 – 当事務所 手続き完了のご報告・完了書類のお渡しをします

費用

手続きにかかる費用は、司法書士報酬と実費の合計額となります。

登記+官報公告の場合

総額 16万円 (税込み)

内訳
業務内容 実 費 報 酬 (税込)
解散・清算人・清算結了

登録免許税

解散
3万円
清算人選任
9,000円
清算結了
2,000円

8万6,309円
事前閲覧
397円
登記事項証明書
960円 /2通
官報公告
3万1,394円
登記のみの場合(官報公告は、お客様自身でご手配いただく場合)

総額 12万円 (税込み)

ただし、この他に官報公告費 約3万2,000円がかかります。(官報販売所にお支払いいただきます。)

内訳
業務内容 実 費 報 酬 (税込)
解散・清算人・清算結了

登録免許税

解散
3万円
清算人選任
9,000円
清算結了
2,000円

7万5,703円
事前閲覧
397円
官報公告
3万1,394円

ご依頼の際の必要な書類

  • 会社謄本
  • 定款
  • 代表者の身分証明書(写し)
  • 代表者(清算人)の印鑑証明書

よくあるご質問

依頼してから手続きが終わるまで、どのくらいの期間がかかりますか?
会社は、解散すると清算活動に入ります。
この清算活動期間は、法律で2ヶ月以上と決まっていますので、書類の準備期間・法務局の事務処理期間などを考えると、ご依頼から清算結了まで、最低でも2ヶ月半〜3ヶ月はかかります。
会社が九州なのですが対応していただけますか?
もちろん対応可能です。(全国対応です。)
どうぞお気軽にご相談ください。
依頼したいのですが、まずはどうすればよいですか?
ご依頼いただく場合、まずは、「登記事項証明書(会社謄本)」と「定款」をFAXまたはメールにてお送りください。
お送りいただいた情報をもとに、お打合せをさせていただきます。

FAX番号 03-5155-9196

会社解散・清算手続きを司法書士に依頼するメリットは何ですか?
会社を解散し、清算する場合には、法律に定められた手続きを踏まなければなりません。
会社の解散・清算の際には公告期間も必要ですから、手続きにはただでさえ時間がかかります。
作成しなければならない書類の数も多く、慣れない方が自分で書類作成等を行うと、なかなか進まず、清算結了までに時間がかかってしまうことがあります。

司法書士は法律知識があり、書類の作成や取り寄せにも慣れた専門家です。
会社解散・清算手続きを司法書士に依頼すれば、必要書類の作成や取り寄せがスムーズにできます。 また、司法書士は登記申請を代理できますので、会社解散・清算に必要な手続きをトータルにサポートできます。 税務上の手続きに関しても、税理士と連携して対応することが可能です。
手間をかけず最短の期間で会社をたたみたい場合には、司法書士にご依頼ください。
「解散」と「清算」の違いは何ですか?
会社の解散とは、会社の営業活動を終了し、取締役等の会社の機関も停止することです。
会社の清算とは、会社を解散した後、それまでに発生している債権や債務を整理することです。
会社が解散しても、直ちに会社が消滅するわけではなく、解散後の会社は清算の目的の範囲内において存続します。なお、清算手続き中の会社は、清算会社と呼ばれます。
登記手続きとしては、まず会社を解散した段階で解散登記を行い、その後清算事務が終了したら清算結了登記を行うという2段階になります。
会社の解散とは会社が倒産することですか?
会社の解散とは、会社の法人格を消滅させ、会社自体をなくすことをいいます。
一方、会社の倒産とは、会社の経営が破綻し、債務の支払いが不能になるなど、経済活動を続けるのが困難になった状態をいいます。会社が倒産した場合、会社が解散することもありますが、会社を再生するという選択肢がとれる場合がありますから、倒産=解散というわけではありません。
会社が倒産すれば、通常、裁判所に破産、会社更生、民事再生等の申請を行うことになります。会社が破産すれば会社は解散することになりますが、会社更生や民事再生を選択すれば、会社を再建することが可能です。

なお、会社法に定められた会社の解散事由には、以下のようなものがあります。

・定款で定めた存続期間の満了
・定款で定めた解散事由の発生
・株主総会の決議
・合併(合併により当該株式会社が消滅する場合に限る)
・破産手続開始の決定
・解散を命ずる判決
・休眠会社のみなし解散
会社の業務を行っていないので、会社を解散しようと思います。会社解散のためには、どのような手続きが必要になりますか?
自主的に会社を解散させるには、株主総会を開催して解散決議を行った後、解散登記をする必要があります。さらに、解散後は会社の財産を清算する手続きが必要です。
会社解散から清算までの大まかな流れは、次のとおりです。

1. 株主総会での解散決議
解散決議は、特別決議(議決権の過半数を有する株主が出席し、かつ議決権の3分の2以上の多数で決する決議)により議決を行う必要があります。
また、定款で清算人の定めがない場合、通常は解散決議を行う株主総会で、同時に清算人も選任します。清算人選任については普通決議で足ります。

2. 解散・清算人選任の登記
解散の日から2週間以内に、本店所在地を管轄する法務局で、解散登記と清算人選任登記を同時に行います。

3. 財産目録・貸借対照表の作成
清算人が、解散時点における会社の財産を調査し、財産目録及び貸借対照表を作成します。

4. 財産目録・貸借対照表の承認
清算人は、臨時株主総会を招集して、財産目録及び貸借対照表の承認を得ます。

5. 債権者保護手続き
株式会社の債権者に対して、債権を申し出るべき旨を2ヶ月以上官報に公告する必要があります。

6. 債権者への弁済
清算人は、各債権者に対して債務の弁済を行います。

7. 株主への残余財産の分配
債務を弁済した後、残余財産がある場合には、清算人は株主に分配します。

8. 決算報告書の作成
清算事務が終わると、清算人は決算報告書を作成します。

9. 決算報告書の承認
清算人は臨時株主総会を招集して、決算報告書の承認を受けます。決算報告書の承認により清算結了となり、会社の法人格が消滅します。

10. 清算結了の登記
清算結了の日(決算報告書の承認を受けた日)から2週間以内に、本店所在地で清算結了の登記を行います。支店がある場合には、支店所在地でも清算結了から3週間以内に清算結了登記を行う必要があります。
会社を解散したいと思います。株主総会は必ず開催しなければなりませんか?
株主総会を開催しなくても、書面決議によって解散の決議を行うことができます。 書面決議とは、議決権を行使できる株主全員が、書面または電磁的記録によって、提案された内容に同意の意思表示をする方法です。
できるだけ早く会社をたたみたいと思っています。会社の解散・清算手続きにはどれくらいの期間がかかりますか?
会社の解散は株主総会を招集すればすぐにできますが、解散後の清算手続きに時間がかかります。
清算人は2ヶ月以上の債権申出期間を設定して債権者保護手続きを行う必要がありますので、清算手続きには少なくとも2ヶ月はかかります。
会社に債権や債務がほとんどない場合には3ヶ月程度で会社の解散・清算手続きが完了します。一方、財産が多い場合や取引先が多い場合には、解散後清算手続きが完了するまでに1年以上かかることもあります。
合同会社を解散したいと考えています。株式会社の解散と手続き方法は異なりますか?
合同会社の解散手続きも株式会社と同様です。ただし、合同会社が解散する場合には、総社員の同意が必要になります。
登記の際にかかる登録免許税や官報公告費用も株式会社と同じです。
会社に支店があります。会社の解散・清算手続きの際に、支店所在地での登記も必要ですか?
解散・清算人選任登記は本店所在地での登記申請のみになります。
清算結了登記については、本店所在地と異なる管轄の支店がある場合、本店所在地と支店所在地の両方で登記申請が必要です。 なお、本支店一括申請により、支店分も同一の申請書で本店所在地に出すことが可能です。
休眠会社のみなし解散とは何ですか?
休眠会社とは、最後に登記された日から12年を経過した株式会社のことをいいます。つまり、長期間に渡って何も登記されていない株式会社のことをことを、実体上稼働していない会社という意味で「休眠会社」と呼んでいるわけです。平成27年度以降、法務省は毎年休眠会社の整理作業を実施しています。
休眠会社の整理作業では、法務大臣が官報によって休眠会社に該当する株式会社に2ヶ月以内に「事業を廃止していない旨の届出」をするよう公告します。当該株式会社がこの届出または役員変更等の登記をしない場合には、2ヶ月の期間満了のときに解散したものとみなされ、登記官の職権で解散登記がなされます。
法務局からみなし解散の通知が届きました。会社を解散したくありません。どうすればよいでしょうか?
みなし解散の通知が届いた場合、事業を継続するのであれば速やかに「事業を廃止していない旨の届出」を法務局へ提出しなければなりません。届出の手続きは、通知書に必要事項を記載して法務局へ持参または郵送することにより完了します。
以前会社を設立しましたが、現在は業務を行っていません。もし会社を解散しなかった場合、どのようなデメリットがありますか?
会社が実際には活動していなくても、会社として存続している限り法人住民税の均等割がかかってきます。また、会社が存続している限り、税務署への決算申告も通常どおり行わなければなりません。
たとえ休眠状態の会社でも、解散することなく会社を維持していると、こうしたコストや手間が発生してしまうことになります。
なお、会社が存続しているのであれば、役員の任期満了時には役員変更の登記も必要になります。 12年間全く登記を行っていない会社は休眠会社と判断され、「みなし解散」により強制的に解散させられてしまうこともあります。
会社の解散を考えています。会社には債務がありますが、会社を解散することはできますか?
会社に借入金等の債務があっても、返済して債務をゼロにすることができれば、通常の解散・清算手続きができます。しかし、会社の財産で返済できず、債務超過となってしまう場合には、通常の解散・清算手続きはできません。この場合には、破産などの倒産手続きを選択する必要があります。
会社解散の際の官報公告は必ずしなければなりませんか?
会社が解散した場合には、2ヶ月以上の期間を定めて、会社の債権者に対し債権を申し出るべき旨を、官報に公告しなければならないことが会社法に規定されています。 なお、官報公告をしていなくても、解散から2ヶ月以上経過していれば、法務局で清算結了登記は受理されます。しかし、官報公告をしていない清算手続きは本来有効ではありません。実際には会社が稼動しておらず、債権者が1人もいないという場合でも、官報公告は必ず行う必要があります。
会社を解散した後の官報公告は、どこでどのようにして申し込めばいいのですか?
官報公告の申し込みは、全国にある官報販売所でできます。全国官報販売協同組合のホームページから、入力フォームを利用してオンライン申し込みをすることも可能です。
会社の解散公告を行い、会社の債権者から申し出がありました。債権者に債務を弁済してもかまいませんか?
債権申出期間が終わるまでは、原則として会社の債務の弁済はできません。例外として、以下の債権に係る債務については、裁判所の許可を得て弁済することが認められています。

・少額の債権
・清算株式会社の財産につき存する担保権によって担保される債権
・弁済しても他の債権者を害するおそれがない債権
清算人とは何をする人ですか?
清算人は会社の清算事務を行います。会社法では、清算人の職務は、次の①~③と定められています。

①現務の結了
会社の業務を中止し、まだ終わっていない業務の後始末を行うことです。取引先との契約を解約したり、従業員との雇用契約を解約したりすることになります。
新規の取引については、清算事務の遂行に必要な範囲内でのみ行うことができます。たとえば、残っている在庫の売却などは可能です。

②債権の取立て及び債務の弁済
会社の債権について、債務者に支払い等を請求します。履行期がまだ来ていない債権については、履行期の到来を待って取立てを行うか、債権譲渡によって換価することになります。
会社の債務については、会社の財産を金銭に換えて、債権者に弁済します。返済期日が到来していない債務も、期限の利益を放棄して返済することが可能です。

③残余財産の分配
会社の債権者に債務を弁済してもなお残った財産がある場合には、株主に分配することになります。
株式会社の清算人には誰がなるのですか?
株式会社の清算人は、定款に清算人の定めがある場合には定款で定めた人が就任します。また、株主総会の決議によって清算人を選任してもいません。 定款または株主総会の決議によって清算人になる人がいない場合には、取締役がそのまま清算人になります。
株式会社の清算人は何人必要ですか?
清算人の人数には制限はなく、1人でも2人以上でもかまいません。定款または株主総会の決議によって清算人になる人がいない場合には、取締役全員が清算人となり、代表取締役がそのまま代表清算人となります。
清算人会とは何ですか?
清算人会は、清算株式会社の業務執行を決定し、清算人の職務の監督を行う機関になります。 旧商法では、株式会社の清算人が複数いる場合には清算人会の設置が義務付けられていましたが、新会社法施行後は清算人会の設置は任意となっています。ただし、定款で監査役会を設置する旨を定めている場合には、必ず清算人会を設置しなければなりません。
会社の残余財産について、金銭に換えず現物のまま分配することは可能ですか?
旧商法では、残余財産の分配は、会社財産を換価したうえで金銭で行うのが原則となっていました。しかし、新会社法では、現物による残余財産の分配が認められており、各株主は現物による残余財産の分配に代えてその価額に相当する額の金銭の分配を請求することができるものとされています。
会社の清算中に債務超過の疑いがあることがわかりました。清算手続きはどうなりますか?
清算中の株式会社に清算の遂行に著しい支障をきたす事情がある場合または債務超過の疑いがある場合には、裁判所の監督のもとで特別清算手続きを行う必要があります。 特別清算は、破産と比べて柔軟な処理が可能で、かかる費用も低額になっています。
会社の解散をしたとき、届出しなければならないところはどこになりますか?
解散・清算人選任登記の必要書類は、次のようになっています。

・登記申請書
株式会社の解散と清算人選任の登記は、1枚の登記申請書で申請できます。「株式会社解散及び清算人選任登記申請書」の書式は、法務局のホームページでも参照、ダウンロードできます。登記申請人は、代表清算人(代表清算人を置かない場合は清算人)になります。

・株主総会議事録
解散決議及び清算人選任を行った株主総会議事録が必要です。

・定款
清算人選任の登記申請には定款が必要です。

・清算人の就任承諾書
定款で定められた人または株主総会で選任された人が清算人になる場合には、就任承諾書が必要です。
株主総会で就任承諾し、その旨の記載が株主総会議事録にあれば、株主総会議事録を援用することができます。

・代表清算人の就任承諾書
定款で定められた人、清算人の互選で定められた人、清算人会が選任した人が代表清算人になる場合には、就任承諾書が必要です。代表取締役がそのまま代表清算人になった場合には、就任承諾書は不要です。

・株主の氏名又は名称、住所及び議決権数等を証する書面(株主リスト)
平成28年10月1日以降、登記すべき事項につき、株主総会の決議を要する場合には、「議決権数上位10名の株主」または「議決権数割合が3分の2に達するまでの株主」のいずれか少ない方の株主について、その氏名等を記載した株主リストの添付が要求されています。

・印鑑届書
解散登記をすると、会社の代表取締役の印鑑の届出も廃止されます。解散後は同じ代表者印を使う場合でも、代表清算人の印鑑として新たに届出が必要です。印鑑届書の用紙は、最寄りの法務局で無料で入手できるほか、法務局のホームページからもダウンロードできます。

・代表清算人の印鑑証明書
印鑑届書に、代表清算人個人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)を添付する必要があります。

・委任状
登記申請を司法書士に委任する場合には、委任状が必要です。
会社の解散の際に、取締役の辞任届は必要ですか?
会社の解散により、取締役は当然に退任することになりますので、辞任届は必要ありません。解散登記申請書にも辞任届の添付は不要です。
会社の解散登記をするときには、役員の退任登記も必要ですか?
会社が解散すると、取締役及び代表取締役は退任することになります。会社の解散登記を申請すると、取締役や代表取締役の登記は職権で抹消されるため、取締役や代表取締役の退任の登記をする必要はありません。 なお、会社が解散しても、監査役は当然には退任しません。監査役は清算株式会社にも置くことができますが、監査役が退任する場合には、監査役退任の登記と監査役設置会社の定めの廃止の登記が必要になります。この場合の登録免許税は、監査役退任が1万円、監査役設置会社の定めの廃止が3万円となっています。
会社を解散し、取締役が清算人に、代表取締役が代表清算人になりました。解散前の取締役と解散後の清算人の構成が全く同じ場合でも清算人選任の登記は必要ですか?
会社の解散と同時に、取締役、代表取締役の登記は職権により抹消されますので、清算人及び代表清算人については登記が必要です。
会社の解散手続きにはどれくらいの費用がかかりますか?
会社解散・清算手続きの際には、実費として登録免許税4万1000円(解散登記3万円、清算人選任登記9000円、清算結了登記2000円)及び官報公告費用約3万3000円がかかります。その他に、役所等への届出に使う登記事項証明書の発行手数料(1通600円)などがかかります。 解散・清算手続きを司法書士に依頼した場合には、別途司法書士の報酬が発生します。
会社の定款を紛失してしまっており、手元にありません。会社の解散手続きはできますか?
会社の解散・清算人選任登記の申請の際には、定款の添付が必要になります。会社保管用の定款を紛失していても、古いものでなければ公証役場に設立当初の定款(原始定款)は保管されており、交付請求できる場合があります。また、会社設立後5年以内であれば、法務局で登記申請書の附属書類を閲覧することができますので、定款の内容を確認できる場合があります。 上記の方法で定款が手に入らない場合や定款変更を行っている場合でも、当事務所で定款を復元し再作成することも可能です。定款を紛失されている方も、お気軽にご相談ください。
会社を解散した場合、事業年度や確定申告はどうなりますか?
会社の解散日の属する事業年度開始日から会社の解散日までが1事業年度となります。そのため、解散の翌日から2ヶ月以内に、解散確定申告を行い、申告した税額を納める必要があります。
清算中については、会社が解散した翌日から1年ごとの期間を1事業年度として、各事業年度終了日の翌日から2ヶ月以内に確定申告書を提出し、申告した税額を納める必要があります。
残余財産が確定したら、残余財産確定の日の属する事業年度終了の日の翌日から1ヶ月以内(1ヶ月以内に残余財産の最後の分配または引き渡しが行われる場合には、その行われる日の前日まで)に清算確定申告をし、所得があれば納税します。
会社の解散を考えています。会社の決算時期がもうすぐですが、決算を待ってから解散手続きをした方がよいのでしょうか?
会社の解散、清算結了時にも決算が必要です。決算時期が近い場合、決算後すぐに解散すると二度手間になってしまいますから、決算前に解散した方がよいでしょう。
会社の清算手続きが終わりました。清算結了登記はいつまでにしなければなりませんか?
清算が結了したときには、決算報告の承認の日から2週間以内に清算結了の登記をしなければなりません。支店がある場合には、決算報告の承認の日から3週間以内に、支店所在地でも清算結了の登記が必要です。
清算結了登記には、どのような書類が必要になりますか?
清算結了登記の必要書類は、次のとおりです。

・登記申請書
「株式会社清算結了登記申請書」を作成し、提出します。登記申請人は代表清算人(代表清算人を置かない場合は清算人)になります。

・株主総会議事録
決算報告を承認した株主総会議事録が必要です。

・株主の氏名又は名称、住所及び議決権数等を証する書面(株主リスト)
「議決権数上位10名の株主」または「議決権数割合が3分の2に達するまでの株主」のいずれか少ない方の株主について、その氏名等を記載した株主リストが必要です。

・委任状
登記申請を司法書士に委任する場合には、委任状が必要です。
清算結了登記にかかる費用はいくらですか?
清算結了登記の登録免許税は2000円になります。なお、本店所在地と異なる管轄の支店がある場合、支店所在地でも2000円の登録免許税がかかります。本支店一括申請の場合には、支店所在地1か所につき300円の登記手数料がかかります。 登記申請を司法書士に委任した場合には、別途司法書士の報酬がかかります。
会社の清算結了登記が完了した後には、どんな手続きがありますか?
清算結了登記が終わったら、所轄の税務署に異動届出書を提出し、清算結了した旨を届け出る必要があります。また、地方税については、都道府県及び市区町村に届出が必要です。
会社の清算手続きが終わりました。会社の帳簿などは廃棄してもかまいませんか?
会社法では、「清算人は、清算株式会社の本店の所在地における清算結了の登記の時から10年間、清算株式会社の帳簿並びにその事業及び清算に関する重要な資料(帳簿資料)を保存しなければならない」と定められています(508条1項)。 なお、清算人が保存できない場合には、利害関係人の申立てにより、裁判所が保存する者を選任することができます(508条2項)。
会社を解散した後で、会社を復活させることはできますか?
会社を解散したけれどやはり復活させたいという場合、清算結了登記をする前であれば、株主総会の特別決議により、会社を継続することができます。会社継続の手順は次のようになっています。

1. 株主総会の開催
株主総会を開催し、会社継続の特別決議を行うと同時に、取締役の選任を行います。なお、解散時に取締役の登記は抹消されているため、同じ人が取締役になる場合にも選任決議が必要です。

2. 取締役会の開催
取締役会で、代表取締役の選定を行います。

3. 会社継続の登記
会社継続の決議から2週間以内に、法務局で会社継続の登記をする必要があります。
会社継続の登記にはどのような書類が必要ですか?
会社継続登記の必要書類は、次のとおりです。

・株式会社継続登記申請書
定められた書式に従って、登記申請書を作成します。なお、会社継続の際には役員(取締役・代表取締役就任)についても登記が必要です。また、解散前に取締役設置会社であった場合、解散により取締役設置会社の登記も抹消されているため、「取締役設置会社の定めの設定」の登記も必要になります。

・株主総会議事録
会社継続の決議を行った株主総会の議事録が必要です。

・取締役会議事録
代表取締役を選定した取締役会の議事録が必要です。

・就任承諾書
代表取締役の就任承諾書が必要です。

・印鑑証明書
取締役会に出席した取締役の印鑑証明書、代表取締役の印鑑証明書が必要となります。

・本人確認証明書
印鑑証明書を添付していない取締役については、住民票記載事項証明書、運転免許証のコピーなどを添付します。

・株主の氏名又は名称、住所及び株式数等を証する書面(株主リスト)
「議決権数上位10名の株主」または「議決権数割合が3分の2に達するまでの株主」のいずれか少ない方の株主について、氏名や住所、株式数等を記載し、代表取締役が証明した株主リストを添付します。

・委任状
登記申請を司法書士に委任した場合には、委任状が必要です。
会社継続登記にかかる費用はどれくらいですか?
会社継続の登記申請を行う際にかかる登録免許税は、会社継続につき3万円、役員変更につき3万円(資本金1億円以下の会社は1万円)、取締役会設置会社設定につき3万円になります。 登記申請を司法書士に依頼した場合には、別途司法書士の報酬がかかります。
会社がみなし解散となりましたが、会社の継続はできますか?
みなし解散の登記がされた場合には、登記後3年以内に限り、株主総会の特別決議により、会社の継続が可能です。なお、会社を継続したときには、2週間以内に会社継続の登記申請をする必要があります。
みなし解散となってしまいました。会社を継続したいと思いますが、みなし解散前の印鑑カードはそのまま使えますか?
みなし解散前の印鑑カードは、みなし解散により失効することになります。会社継続の手続き後、新しい印鑑カードを発行してもらう必要があります。
みなし解散になった後、放置していたらそのまま清算結了になりますか?
みなし解散後も、清算手続きは自社で行う必要があります。なお、解散登記から10年を経過したときには、登記官が職権で登記記録を閉鎖することができるとされていますが、これは清算結了とは異なります。
会社の事業を停止しています。会社を解散するのではなく、休業届を出して会社を休眠させておけば、登記はしなくても大丈夫ですか?
休業届を出して会社を休眠させている間でも、役員の任期が満了する時期には役員変更登記が必要です。たとえ休業届を出していても、登記をしない状態が12年間続けば、みなし解散させられることになります。

他にも多数、お喜びの声をいただいております!

お住まい/東京都府中市
お名前・性別/T様・男性
一切をおまかせして、何の手間もかけることなく、電話とメールのやり取りだけでやっていただきました。

この度は、会社解散、清算の手続きで大変にお世話になりました。
一切をおまかせして、何の手間もかけることなく、電話とメールのやり取りだけでやっていただきました。
本当に良かったと思っています。
大変にありがとうございました。

お客様の生の声お客様の生の声

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お客様の声
はやみず事務所トップ > 会社登記代行 > 会社解散 清算結了登記の格安代行
× 閉じる