はやみず事務所トップ > ブログ > 登記Q&A > 会社設立を司法書士に代行してもらうメリットとは?
2016/08/22  カテゴリー: 登記Q&A

会社設立を司法書士に代行してもらうメリットとは?

税務署に開業届を出すだけで始められる個人事業と違い、株式会社、合同会社などの会社を作るとなると、様々な手続きが必要になります。会社設立の手続きは自分ですることもできますが、司法書士に依頼して代行してもらうことも可能です。ここでは、司法書士に会社手続きを代行してもらうメリットについて説明します。

会社設立代行サービス

会社設立の際に必要になる手続きとは?

会社を設立するときには、法律に則った手続きを踏まなければなりません。

会社設立の際に必要な手続きはたくさんありますが、中でも重要なものが、定款の作成・認証と設立登記申請の2つになります。

定款とは、会社のルールをまとめたものです。

定款には、商号、事業の目的、本店所在地などを記載しなければなりませんので会社を作るときには、まずこうした会社の概要を決めてから定款を作成します。

定款が完成したら、株式会社の場合には公証役場で公証人に定款を認証してもらうという手続きが必要になります。

定款の認証が完了すれば、法務局で設立登記申請の手続きを行います。設立登記が完了すれば、ようやく会社が誕生することになります。

会社設立の手続きは非常に手間がかかる

会社設立の手続きを専門家に頼まず全て自分ですることも、決して不可能ではありません。

ですが、会社設立の手続きは、法律に定められたとおりに行わなければならず、複雑なところがあります。

会社を設立するなどということは一生のうちそう何度もあることではありません。

その為、ほとんどの人が手続きに慣れていないはずです。

ですから、必要書類を揃えるときにも書類漏れが生じたり、申請書の記載の仕方を間違えてしてしまったりする可能性がどうしても高くなります。

せっかく公証役場や法務局に出向いても、書類にミスがあればまた最初からやり直しということになってしまいます。会社を設立しようというときは、事業が軌道に乗り忙しくなってくる時期と重なります。こうした時期に、手続きのために走り回ることは、大きな時間のロスになってしまいます。

会社設立代行サービス

会社設立を司法書士に依頼するメリット

会社設立の手続きをトータルに任せられる

面倒な会社設立手続きを専門家に代行してもらえるサービスがあります。

会社設立を代行してもらえる専門家としては、行政書士、司法書士、税理士などがあります。

このうち、会社設立手続きで必須となる設立登記申請を代理できるのは司法書士のみになります。

他の専門家に依頼した場合には、登記申請だけ別途司法書士に依頼するか、自分で登記申請手続きをしなければなりません。

司法書士であれば設立時の手続きをトータルに任せることができますから、会社設立は司法書士に代行してもらうのがいちばんおすすめです。

スピーディーに会社設立ができる

自分で会社設立の手続きをすれば、予想外に時間がかかってしまい、予定よりも会社設立が遅れてしまうことも考えられます。

もし会社設立が遅れれば、業務にも支障が出てしまう可能性があります。

司法書士は手続きに慣れた専門家ですから、スピーディーに会社設立ができます。

急いでいる場合にも至急の対応をしてもらえますから、予定どおりに会社設立が完了し、本業に支障が出ることもなくなります。

時間を無駄にせず本業に集中できる

会社を作るときというのは、やらなければならないことが山ほどありますから、設立手続きばかりに時間をかけているわけにはいかないのが普通です。

会社設立を司法書士に依頼すれば、面倒な書類作成を自分でやる必要がなくなるだけでなく、公証役場や法務局へも代わりに行ってもらえます。

会社設立時の貴重な時間を無駄にすることなく、本来の業務に集中することができます。

会社設立を司法書士に頼めば費用面でもお得

会社設立を司法書士に依頼すれば報酬(手数料)を払わなければならないと躊躇される方も多いと思います。

実は、会社設立の手続きは、司法書士に依頼した方が費用面でお得になることもあります。

会社設立時に自分で定款を作成した場合には、印刷した定款に4万円の収入印紙を貼って消印をしたうえで公証役場に持って行き、認証手続きをしてもらわなければなりません。

一方、司法書士が定款を作成する場合には、紙に印刷するのではなく電子文書の形式で作成し、インターネット経由で認証手続きを行う電子定款認証という方法をとります。

電子定款認証なら収入印紙の貼付が不要になりますから、司法書士に依頼すれば、手続きにかかる費用が4万円少なくてすむことになります。

つまり、司法書士に会社設立を代行してもらう場合にも、実質的な手数料の負担は少なく、面倒な手続きを全て任せられるということです。

会社設立の手続きを一から全部自分でやろうと思うと、手間と時間ばかりかかってしまい、本業に支障が出てしまうこともあります。

会社設立を司法書士に代行してもらう場合、手数料の負担もそれほどありません。

少ない手数料で面倒な手続を専門家に任せられるメリットは大きいですから、会社設立はぜひ司法書士にご依頼ください。

会社設立代行サービス

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お客様の声
はやみず事務所トップ > ブログ > 登記Q&A > 会社設立を司法書士に代行してもらうメリットとは?
× 閉じる