はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 債務整理への理解を含めて最良の選択を
2015/09/15  カテゴリー: 基礎知識

債務整理への理解を含めて最良の選択を

借金のつらい金利負担から開放される方法として債務整理というものがあります。
借金の負担で苦しんでいる方が人には200万~300万もの人が居ます。中には借金に追い詰められたせいで夜逃げをするしかなくなったり、自ら命を断ってしまう人まで居ます。
そうなってしまう前に法律に頼ることが出来ないのは、債務整理という方法を多くの人が知らないからです。
例え現状が安定していたとしても今の世の中、先の保証が出来る人など居ません。ですから債務整理の知識を持っていて損であるということはありえません。
債務整理には、大きく分けて三つの方法があります。
任意整理と個人再生と自己破産です。
任意整理とは弁護士や司法書士が債務者の代理人となり、裁判所を通さずに債権者と直接交渉することで過剰に払った利息を取り戻したりする方法です。自己破産のように官報に載らないので他人に知られずにすみます。また、任意整理の手続をすると、すぐに催促や取り立てを止めることが出来ます。交渉によっては将来の利息をなくすことができます。デメリットとしておよそ五年間は信用機関のブラックリストに乗ってしまうこと、裁判所を通さない交渉ですので、基本的に借金自体が減額されるわけではありません。また、債権者に寄っては和解が成立しない可能性があり不確定な要素があります。
次に個人再生についてお話します。個人再生は裁判所を通すことで債務を減額してもらうことが出来ます。認可されれば債務が五分の一にまで減額され、それを3~5年をかけて支払います。また、自己破産と違って家や車などの財産を手放さずに済む可能性があります。また、債権者は給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなります。デメリットとしてはやはり、信用機関のブラックリストに入ってしまい官報に掲載されます。債務整理の中では最も手続きが面倒で費用と手間がかかります。
最後に自己破産についてです。自己破産は税金の滞納などの支払い義務を除いて全ての借金を免れることができます。明らかに返済することが出来ない借金であれば裁判所に認められます。デメリットとして車や家などの高額な財産は処分しなければなりません。また信用機関のブラックリストに入ってしまい、また、警備員や生命保険募集人などの一定の職業に一定期間に就けなくなります。官報に掲載さてしいますので確率は低いですが周りに知られてしまう可能性があります。
このように債務整理には種類があることをよく理解して、自分の現状に見合ったものを選択することが重要です。

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お客様の声
はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 債務整理への理解を含めて最良の選択を
× 閉じる