はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 債務整理した後でも住宅ローンは組めるの?
カテゴリー: 基礎知識

債務整理した後でも住宅ローンは組めるの?

結婚したり、子供ができたりしたタイミングで、住宅購入を考える人は多いはずです。そんなとき、過去に債務整理をしたことがあれば、「自分は住宅ローンが組めるのか?」と心配になるのではないでしょうか?

ここでは、債務整理後に住宅ローン申し込みを考える場合、注意しておきたい事項をまとめています。

借金相談

債務整理後に住宅ローンが組めるかどうかは「信用情報」で決まる

住宅ローンの審査では信用情報をチェックされる

住宅ローンを組むときには、金融機関の審査があります。住宅ローン審査の際には、金融機関は、年齢や年収、勤続年数だけでなく、申込者の信用情報を必ず確認します。

信用情報とは、信用取引(ローン契約やクレジット契約)を個人が利用した履歴です。個人の信用情報は「信用情報機関(指定信用情報機関)」に集められています。これまでに信用取引をした経験のある人は、信用情報機関に自分の信用情報が登録されているはずです。

金融機関は信用情報機関を通じて個人の信用情報を共有できるシステムになっています。住宅ローンを組むためには、信用情報に問題がないことが必要です。

事故情報が登録されていると住宅ローンが組めない

信用情報機関にネガティブな情報が登録されていると、住宅ローンの審査には通してもらえません。ネガティブな情報とは、延滞、強制解約、債務整理などの情報で、まとめて「事故情報」と言います。

信用情報機関に事故情報が登録されると、「ブラックリストに載った」「信用情報に傷がついた」などと言われることになります。

信用情報はどの金融機関からでも見られる

現在、日本には次の3つの指定信用情報機関あり、金融機関やカード会社はいずれかに加盟することが義務付けられています。

①株式会社シー・アイ・シー(CIC)…主に信販会社やカード会社が加盟

②株式会社日本信用情報機構(JICC)…主に消費者金融が加盟

③全国銀行個人信用情報センター…銀行が加盟

上記3つは別組織ですが、情報交換や情報共有が行われています。特に、事故情報については、どこで発生しても、すべての金融機関からわかるようになっています。

債務整理をした事実は、すべての金融機関にバレるということです。債務整理をして事故情報が登録されると、どこの金融機関でも住宅ローンが組めないことになります。

債務整理後の5年間は信用情報に事故履歴が残る

信用情報機関に登録された事故情報履歴は、永久に残るわけではなく、いずれは削除されます。たとえ債務整理をしても、期間が経過して事故情報が削除されたら、住宅ローンを組むことができるようになります。

事故情報が登録されている期間は、信用情報機関及び債務整理の種類によって異なります。債務整理をした場合、いずれの信用情報機関でも、5年間は事故情報が残ります。

なお、個人再生・自己破産を行った場合には、全国銀行個人信用情報センターで最長10年間事故情報が残る可能性があります。

任意整理の場合、和解後の返済は3年程度で終わることが多いはずです。任意整理した借金を完済していても、その時点で事故情報が消えるわけではありません。手続きをしたときから5年間はブラックになっていると考えておいた方がよいでしょう。

借金相談

自分の事故情報の有無を確認してから住宅ローンに申し込もう

自分の信用情報は自分で調べられる

信用情報機関に登録されている自分の情報については、各信用情報機関に開示請求して調べることができます。債務整理後に住宅ローンを申し込む場合には、信用情報の開示請求をし、事故情報が削除されているかを確認しておきましょう。

信用情報を確認せずに住宅ローンを申し込むとどうなる?

事故情報が削除されているか微妙な時期であれば、「信用情報を確認するのは面倒だから、ダメ元で住宅ローンを申し込んでみよう」と思うかもしれません。しかし、この方法にはデメリットがあります。

住宅ローンを申し込んで審査に落ちた場合、その履歴も6か月程度信用情報機関に残ってしまいます。他のローンの審査落ち履歴が残っていれば、審査ではやはり不利になるからです。

債務整理から5年経ってせっかく事故情報が消えたのに、審査落ち履歴が残っていて住宅ローンの審査に通らないということにならないよう、十分気を付けておきましょう。

信用情報の開示請求の方法

信用情報の開示請求は、インターネットや郵送でも可能です。開示請求の詳しい方法や手数料は、各信用情報機関のホームページに掲載されています。

CIC

JICC

全国銀行個人信用情報センター

事故情報が消えても一度にたくさんのローンには申し込まない

信用情報を確認して事故情報が消えていても、住宅ローンを申し込むときには、一度にいくつもの金融機関に申し込むのは避けた方が無難です。

金融機関にローンを申し込むと、信用情報機関に照会をかけられますから、照会履歴が残ります。照会履歴が多い人は、ローンの申し込みを断られ続けている人とみなされてしまい、審査に通りにくくなることがあります。

住宅ローンを組むときには、確実に審査に通りそうな少数の金融機関に絞って申し込むのがおすすめです。

任意整理した金融機関では住宅ローンは組めない

任意整理した場合、信用情報機関から事故情報が消えても、任意整理した金融機関には情報が残ります。この場合、同じ金融機関に住宅ローンを申し込んでも、審査には通らない可能性が高いでしょう。

住宅ローンを申し込みした金融機関が、過去に任意整理したカード会社等と同系列の場合にも、審査に落ちるリスクはあります。金融機関を選ぶ際には、注意しておきましょう。

債務整理後住宅ローンを組むために気を付けておきたいこと

債務整理の後はマイナス履歴を残さないように注意

債務整理をしたら、5年間信用情報に傷がついてしまうことはやむを得ません。債務整理後に住宅ローンを組みたいなら、期間経過後に速やかに事故情報が消えるよう、余計なマイナス履歴を残さないことが大事です。

任意整理では、整理したカード以外は手元に残すことができます。カードを持っていれば、延滞や強制解約などの事故を起こしてしまう可能性もありますから要注意です。

5年経過して任意整理の情報が消えても、他の事故情報が残っていれば、住宅ローンを組むことはできません。任意整理後も油断せず、お金の管理をきちんとしましょう。

使わないカードは解約する

持っているだけで使っていないクレジットカードやカードローンがある場合、債務整理後解約していないことも多いと思います。けれど、使っていないカードでも住宅ローンの審査に影響することを知っておきましょう。

住宅ローンの審査基準の1つに、返済負担率があります。返済負担率とは、年収に対する借入の割合のことです。住宅ローンを含むすべての借入の割合(総返済負担率)が30~35%以下でなければ、住宅ローンの審査に通るのは困難です。

カードローン契約がある場合、総返済負担率の計算においては、借入残高ではなく利用限度額を基準にすることがあります。クレジットカードのキャッシング枠も同様です。つまり、実際には借入していなくても、総返済負担率が高くなってしまうかもしれないということです。

使わないカードを持っていると、再び借入をしてしまう可能性もあります。任意整理時に使っていないカードがある場合、解約しておいた方がよいでしょう。

まとめ

信用情報機関に事故情報が登録されていれば、住宅ローンの審査には通りません。債務整理をしたら5年程度は事故情報が残ります。債務整理後に住宅ローンの申し込みをするときには、事前に信用情報の開示請求をし、事故情報が消えているかどうか確認しておきましょう。

借金相談

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 債務整理した後でも住宅ローンは組めるの?
× 閉じる