はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 借金は一本化する方が返済は楽になるの?
カテゴリー: 基礎知識

借金は一本化する方が返済は楽になるの?

複数の借入先から借金しており、多重債務になっている場合には、借金の一本化を考えることがあると思います。はたして、借金の一本化により返済は楽になるのでしょうか?

ここでは、借金の一本化について説明します。借金の悩みを解決する方法には、債務整理もありますから、両者を比較してみましょう。

借金相談

借金の一本化とは?

複数の借入先を1つにまとめる方法

借金の返済が大変になって悩んでいる人の中には、複数の会社から借入している人も多いでしょう。借入先がいくつもある場合に、返済を楽にする方法として、借金の一本化があります。

借金の一本化とは、借り換えにより借入先を1つにまとめることです。たとえば、A社とB社の2社の借金をC社から借りたお金で完済すれば、借入先はC社1社だけになります。これが借金の一本化です。

借金の一本化にはおまとめローンを利用

借金を一本化するためには、通常、おまとめローンという商品を利用します。貸金業者からの借入には年収の3分の1までしか借りられないという「総量規制」がありますが、おまとめローンは総量規制対象外の商品です。

たとえば、年収300万円の人がA社、B社にそれぞれ50万円ずつ借りている場合、通常は新規借入ができないため、借金を一本化する資金が調達できません。このような場合でも、おまとめローンを利用すれば、100万円借りられます。

おまとめローンが利用できる人

<P借金を一本化したい場合でも、必ずおまとめローンが利用できるとは限りません。おまとめローンで借り換えをするには、おまとめローンを申込後、審査に通過する必要があります。

おまとめローンの審査では、これまでの返済履歴が重視されます。既に延滞しているような状態なら、おまとめローンの審査に通るのは困難です。また、複数の会社に借入申込をし、多重申込となっている場合にも、おまとめローンの審査には通りにくくなります。

借金は一本化した方が返済しやすくなるの?

借入先を1つにまとめると返済管理が楽になる

借金を一本化して借入先が1つになると、毎月の返済日も1回だけになります。複数の借入先があり、返済日もバラバラであれば、返済を忘れてしまうこともあるでしょう。借金を一本化すれば、返済管理が楽になり、返済忘れを防止できます。

借金を一本化すれば毎月の返済額を減らせる

借入先によって、毎月必ず返済しなければならない金額(約定返済額)は決まっています。それぞれの会社には、毎月少なくとも約定返済額は返済しなければなりません。借金を一本化すれば、月々の返済額を減らせる可能性があります。

たとえば、A社、B社2社から借りているケースで、約定返済額がA社1万円、B社8,000円の場合、毎月少なくとも1万8,000円を返済しなければなりません。C社におまとめ後、C社の約定返済額が1万円であれば、毎月1万円だけ返済に回せばよいので、返済が楽になります。

借入残高が増えると金利が下がる

利息制限法に定められている金利の上限は、借金の元本が10万円未満の場合20%、10万円以上100万円未満の場合18%、100万円以上の場合15%となっています。つまり、借金の額が増えるほど、金利は下がるということです。

借金を一本化すれば、借入残高が大きくなり、金利が下がる可能性があります。おまとめローンは、カードローンよりも金利が低く設定されていることも多く、高金利におびえる必要がなくなります。

借金相談

借金一本化のデメリットを知っておこう

毎月の返済額によっては支払期間が長くなることも

おまとめローンを利用して借金を一本化すれば、毎月の返済額を減らせる点は大きな魅力です。しかし、毎月の返済額を少なくすれば、完済までの期間が長くなってしまいます。おまとめローンに借り換えして多少金利が低くなったとしても、支払期間が長くなれば、トータルで支払う利息は増える可能性があります。一本化により借金が減るわけではなく、借金が増えることもあるということを認識しておきましょう。

完済した借入先からは再び借入ができる

おまとめローンに借り換えすると、元の借入先の借金は完済になります。借入枠があれば、再び借入してしまう可能性があるのもデメリットです。

おまとめローンに借り換えしても、思ったほど返済額が減らなければ、結局返済に困ってしまうでしょう。手持ちのカードでつい借りてしまえば、一本化する前よりかえって借金が増えてしまうことにもなりかねません。

借金を一本化するときに過払い金は取り戻せない

借金を一本化するときには、過払い金が取り戻せないというデメリットもあります。過払い金とは、利息制限法の上限を超えて払った利息で、本来取り戻しができるものです。グレーゾーン金利が違法とされ貸金業法の改正が決まった時期(2006~2007年頃)よりも前から貸金業者と契約している場合、過払い金が発生している可能性があります。

借金一本化の際には、たとえ過払い金が発生していても、元の借入先には契約どおりの金利で完済しなければなりません。完済後に過払い金請求できる可能性はありますが、手続きをとるには余計な手間がかかってしまいます。

借金の総額によっては債務整理するべき

債務整理は合法的に借金を減らす方法

借金の返済に困ったら、借金の一本化以外に、債務整理という方法があります。債務整理は、法律にもとづいた手続きをとり、借金を整理することです。借金の一本化では借金は減りませんが、債務整理をすれば借金を減らすことができます。債務整理は、合法的に借金を減らせる唯一の方法です。

債務整理の方法は主に3つ

債務整理にはいくつか方法がありますが、主に利用されるのは、任意整理、個人再生、自己破産の3つです。おまとめローンは誰もが利用できるわけではありませんが、債務整理は方法を選べますから、いずれかの方法で借金の悩みを解決できます。

過払い金が発生している場合には、任意整理を選ぶことで、過払い金を取り戻して借金が減らせることがあります。既に借金を延滞している場合でも、債務整理ができないわけではなく、手続きをとることは可能です。借金の一本化は一時しのぎにしかならないことが多いですが、債務整理をすれば借金の悩みを根本的に解決することができます。

債務整理のデメリットは借入制限ができること

債務整理をすれば、信用情報に傷がつき、ブラックリストに載ってしまいます。おまとめローンに借り換えするだけなら、信用情報に傷がつくことはありませんから、この点は債務整理のデメリットと思われます。債務整理によりブラックリストに載ると、5~10年程度新規の借入ができなくなってしまいます。しかし、新規の借入ができないということは、債務整理をした後は当面の間新たな借金をせずにすむということです。

おまとめローンに借り換えしても、他社から借入ができる状態なら、借金は増えてしまう可能性があります。債務整理をすれば、余計な借金を増やすことなく生活の立て直しに専念できますから、ブラックリストに載るのも一概にデメリットとは言えないでしょう。

まとめ

借金の悩みを解決したいなら、今よりも借金を増やさないことが肝心です。借金の一本化では、借金が増えることがあります。借金を合法的に減らすには、債務整理するしかありません。債務整理にはいくつか方法があるので、自分に合った方法が選べます。債務整理するならどの方法が最適かについては、専門家に相談してアドバイスを受けるとよいでしょう。

借金相談

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お客様の声
はやみず事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 借金は一本化する方が返済は楽になるの?
× 閉じる