司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 車のローンを任意整理の対象にするとどうなるの?
カテゴリー: 基礎知識

車のローンを任意整理の対象にするとどうなるの?

毎月の支払いが困難になったとき、支払いを楽にするための方法として、債務整理があります。債務整理のうち最もメリットがあると言われるのが任意整理ですが、車のローンを支払っているなら、「車のローンも任意整理できないか?」と考えることもあるでしょう。

今回は、車のローンを任意整理の対象にできるかどうかについて説明します。

借金相談

車のローンも任意整理できる?

任意整理のメリット

毎月の借金の支払いが困難になったときには、債務整理をすることにより、借金を支払可能な状態にすることができます。債務整理は、法律にもとづき、借金を整理する方法です。合法的に借金を減らすには、債務整理するしかありません。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった方法があります。このうち、唯一裁判所を通さずに手続きできるのが任意整理です。

任意整理とは、債権者と直接交渉し、毎月の支払額を減額してもらったり、支払期間を延長してもらったりする手続きです。任意整理をしても借金がなくなるわけではありません。けれど、毎月の返済額を減らせるだけでなく、将来発生する利息も免除してもらえるので、借金の支払いが楽になります。

任意整理では裁判所から郵便物が届くこともないので、家族や職場に内緒で手続きしやすいのもメリットです。司法書士や弁護士に依頼すれば、スピーディーに手続きが完了し、借金の悩みから解放されます。

車のローンも任意整理自体はできる

任意整理は、債権者ごとに手続きします。カードローンなどの借金だけでなく、ショッピングローンや自動車ローンなどの金銭債務も、任意整理することは可能です。

ただし、車のローンを任意整理する場合、ローン支払い中の車は所有権留保されていることに注意しなければなりません。所有権留保されている車のローンは、任意整理しない方が安心です。

所有権留保とは

所有権留保とは、売買で売主が目的物を引き渡した後も、売買代金の担保とするために、売主が自らに所有権を留保しておく方法です。車のローンでは、銀行系などの一部のローンを除き、所有権留保されているのが一般的です。

ローンを組むときに所有権留保されている車は、売買代金を完済しなければ、所有権を手に入れることはできません。ローン支払い中も自分の車と思って乗っているかもしれませんが、実質的にはローン会社が所有している車なのです。

車のローンが払えなくなったら

車のローンを払えなくなったら、売主は車を回収することで、手っ取り早く債権を回収できます。車の所有者名義がローン会社になっている場合、ローン返済ができないまま放置していると、車は引き上げられてしまうことになります。

車のローンが払えなくなり、督促があっても放置していると、やがてローン会社が車を引き取りにきます。車を引き上げられたくなかったら、早めに対処しなければなりません。

車のローンを任意整理すると車は回収対象に!

車のローンを任意整理しても、債権者に任意整理に応じてもらえることはあまり期待できません。債権者にとっては、車を回収すれば債権を回収することができますから、任意整理に応じるメリットがないのです。

車のローンについて任意整理を申し入れた場合、車は引き上げられてしまう可能性が高くなります。車を手元に残したいなら、車のローンは任意整理の対象にしない方がよいでしょう。

借金相談

車のローンがあるときの債務整理はどうすべき?

車を残したい場合は車のローン以外を任意整理の対象に選ぼう

車のローンを任意整理すれば、車を引き上げられてしまう可能性があります。借金の支払いが困難だけれど車を残したい場合には、車のローンを任意整理する以外の方法を考えるべきです。

そもそも、車のローンはカードローン等よりも金利が低く、比較的短期間で完済できるようになっています。車のローンを任意整理しても、借金を減らせる効果はそれほどありません。

車のローン以外にも借入があるようなら、他の借入を任意整理することを考えましょう。特に、金利の高いカードローンなどで借入している場合、そちらを優先的に整理するのがおすすめです。

個人再生でも車を残すことは可能

債務整理には、自己破産や個人再生といった方法もあります。自己破産とは、すべての借金を免除してもらう方法です。借金がなくなるのはメリットですが、財産も失うことになります。

個人再生とは、裁判所の認可を受けた再生計画に沿って借金を支払うことを条件に、借金を大幅に減額してもらえる方法です。個人再生では、家や車などの財産を残すことができます。

自己破産をすれば車は処分しなければならなりませんが、個人再生なら車を残すことも可能です。車を手ばなしたくないなら、個人再生という選択肢もあります。

個人再生は、裁判所を通さなければならないため、任意整理に比べると時間がかかります。けれど、個人再生をすれば住宅ローン付のマイホームも残せる可能性があるため、車だけでなく家も残したいという場合には特にメリットのある方法です。

債務整理後は新たに車のローンを組めない期間があることに注意!

債務整理するとブラックリストに載る

債務整理をするときには、債務整理をした後のことも考えておかなければなりません。というのも、債務整理後は、一定期間ローンを組めないからです。

債務整理をした場合、いずれの方法を選んでも、信用情報機関に事故情報が登録されます。信用情報機関とは、クレジットやローンの利用履歴などを含む個人の信用情報が集められているところです。各金融機関は信用情報機関を通じて、個人の信用情報を共有しています。

信用情報機関に事故情報が登録されている間は、基本的にどこの金融機関に申し込んでも、借入の審査には通りません。この状態をブラックリストに載った状態と言います。

ブラックリストに載っている期間

信用情報機関には、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つがあります。事故情報の保有期間については、細かくはそれぞれの信用情報機関で違います。任意整理の場合には5年程度になりますが、自己破産や個人再生を行った場合には、7~10年程度情報が残ることがあります。

任意整理をした後、車のローンはいつ組める?

カードローンなどの任意整理をした後で、車の購入を考えているという人もいるかもしれません。任意整理は裁判所を通さず周りに内緒でも手続きできますが、任意整理を選んだ場合でも、5年程度は信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。事故情報が残っている間は、車のローンを組むことはできません。

いずれの信用情報機関でも、本人が開示請求すれば、信用情報の開示を行ってくれます。任意整理後に車のローンを組む場合には、信用情報を確認してから申し込むのが安心です。信用情報の開示請求の方法は、各信用情報機関のホームページで確認できます。

信用情報を開示してもらい、事故情報が抹消されているようなら、車のローンを組むことが可能です。

まとめ

車のローンを任意整理の対象にすると、車を引き上げられてしまう可能性があります。任意整理をするなら、車のローン以外を優先的に整理しましょう。個人再生でも、車を残すことができます。

なお、債務整理後には借入制限を受ける期間があるため、車のローンもしばらくは組めません。債務整理後に車の購入や買い替えを考えている場合には注意しておきましょう。

借金相談

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > 車のローンを任意整理の対象にするとどうなるの?
× 閉じる