司法書士法人はやみず総合事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > リボ払いの債務整理で得るメリットと負うデメリットを比較解説
カテゴリー: 基礎知識

リボ払いの債務整理で得るメリットと負うデメリットを比較解説

監修
司法書士 速水陶冶
/司法書士法人はやみず総合事務所 代表

東京司法書士会所属。1979年東京都生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。2009年司法書士試験合格。

東京司法書士会所属。1979年東京都生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。2009年司法書士試験合格。

クレジットカードの買い物をリボ払いにすれば、毎月一定額を支払えばいいので、月々の支払は楽に感じます。しかし、リボ払いはうっかりすると、借金を大きく膨らませてしまう可能性があります。

リボ払いで買い物し、支払いが困難になったなら、債務整理を検討しましょう。今回は、クレジットカードのリボ払いを債務整理するメリットや債務整理後の注意点について説明します。

借金相談

リボ払いの債務整理で得られるメリット

リボ払い

  • 督促や催促がストップする
  • 将来利息がカットされるので借金が減る
  • 毎月の支払い額を減らせる

1,督促や催促がストップする

任意整理をする場合には、通常、司法書士や弁護士に代理人となってもらい手続きを行います。司法書士等が任意整理の依頼を受けると、まず、債権者であるカード会社に受任通知を送ります。

カード会社に受任通知を送った後は、カード会社からの督促が止まります。支払いを催促されることがなくなるので、気持ちの上で落ち着きを取り戻すことができます。

2,将来利息がカットされるので借金が減る

クレジットカードのリボ払いを任意整理すると、将来発生する利息(手数料)はカットしてもらえます。任意整理後は元本だけを分割して返済すればよいので、完済の目途が立ちます。

3,毎月の支払い額を減らせる

リボ払いで毎月の支払い額が大きく負担になっている場合には、任意整理することにより、支払い額を無理のない額に調整することができます。毎月の支払金額を減らしても、借金が増えることがないので、支払計画を立てやすくなります。

借金相談

リボ払いの債務整理で負うデメリット(注意点)

デメリット

  • 任意整理すればそのカードは使えなくなる
  • 元本自体は減らない
  • 債務整理後はブラックリストに載るので注意
  • ETCカードも使えなくなる
  • 商品を引き揚げられる可能性がある

1,任意整理すればそのカードは使えなくなる

クレジットカードを任意整理すると、任意整理したカードは使えなくなります。公共料金などをクレジットカード払いにしていた場合には、引き落としができなくなってしまうので、支払方法を変更する必要があります。

2,元本自体は減らない

クレジットカードのリボ払いを債務整理する場合、将来利息はカットできても、元本自体を減らすことはできません。ショッピング枠の場合、買い物した代金だけはきちんと払わなければならないということです。

3,債務整理後はブラックリストに載るので注意

債務整理をすれば、一定期間ブラックリストに載るというデメリットがあります。債務整理をしたという情報は、信用情報機関に登録されます。この状態がブラックリストに載った状態です。

ブラックリストに載っている間は、新しいクレジットカードを作ったり、金融機関でローンを組んだりすることができません。特に、近い将来ローンを組んで住宅や車の購入を考えている場合には、影響が出てしまいます。

信用情報機関に登録された債務整理の情報は、5年程度で削除されます。ブラックリストから外れると再び借入はできますが、しばらくの間不自由することがあるので、注意しましょう。

4,ETCカードも使えなくなる

クレジットカードに付帯しているETCカードを持っている場合もあるでしょう。この場合、クレジットカードを任意整理すれば、ETCカードも使えなくなってしまいます。

5,商品を引き揚げられる可能性がある

クレジットカードで商品を購入した場合、支払いが終わる前に任意整理を申し出ると、商品を引き揚げられる可能性がないわけではありません。

リボ払いの場合には商品引き揚げになる可能性は低いですが、ショッピングローンとして高額商品を購入しているような場合には、注意が必要です。

リボ払いの債務整理は任意整理が1番良い?

お金

債務整理の種類

支払い困難になった借金は、債務整理により整理ができます。債務整理として主に利用されるのは、次のような方法です。

種類概要
任意整理債権者ごとに直接交渉し、毎月の返済金額の減額や返済期間の延長を認めてもらう方法
個人再生裁判所を通じて抱えている借金をまとめて減額してもらう方法
自己破産裁判所を通じて抱えている借金を全額免除してもらう方法

リボ払いにおすすめの方法

リボ払いを債務整理する場合には、任意整理がおすすめです。債権者であるカード会社と交渉して任意整理すれば、将来発生する利息(手数料)を免除してもらえます。リボ払いの利息は高金利であるため、任意整理後は返済の負担が大幅に軽減します。残元本も3~5年で完済すればよいので、毎月無理のない金額の支払いに変更できます。

リボ払いの任意整理を検討した方が良い人

次のような人は、リボ払いの任意整理を検討してみましょう。

  • リボ払いの毎月の支払いが困難になっている人
  • 既に滞納してしまっている人
  • 他の借金も抱えている人
リボ払いの毎月の支払いが困難になっている人

クレジットカードのリボ払いでは、残高に応じて毎月の支払額が決まる「残高スライドリボルビング方式」が採用されているケースが多くなっています。リボ払いでの買い物を繰り返していると、残高が増えてしまい、毎月の支払額が大きくなってしまいます。支払困難になっている場合には、早急に任意整理を考えましょう。

既に滞納してしまっている人

リボ払いの支払いを既に滞納している場合でも、任意整理は可能です。ただし、支払いをしないまま長期間経過してしまうと、カード会社が交渉に応じてくれません。滞納しているなら、すぐに任意整理をした方がよいでしょう。

他の借金も抱えている人

クレジットカード以外に借金を抱えている人は、クレジットカードのリボ払いを任意整理することで、支払いを楽にすることができます。特に、住宅ローンがある人は、住宅ローンを優先して払わなければマイホームを失ってしまいます。リボ払いを任意整理して負担を減らした方がよいでしょう。

債務整理すると、どれだけ変わる?

クレジットカードのリボ払い分は、元本と利息(手数料)を合わせて毎月の支払額が一定になる「元利定額残高スライドリボルビング方式」で支払うケースが多くなっています。この方式では、残高が減ると支払額が減って元本充当額が少なくなるため、なかなか支払いが終わりません。

具体的な支払額はカード会社によって異なりますが、たとえば以下のようになります。

【例】残高50万円、年率15%の場合

支払月支払金額元本充当額手数料分
2021年6月20,000円14,864円5,136円
2021年7月20,000円14,020円5,980円
2021年8月20,000円13,999円6,001円
2021年9月20,000円14,178円5,822円
2021年10月19,000円13,540円5,460円
2021年11月19,000円13,531円5,469円

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2027年7月3,000円2,886円114円
2027年8月3,000円2,919円81円
2027年9月3,000円2,956円44円
2027年10月570円564円6円

上記の例では、残高50万円を支払い終わるまでに6年5か月(77回)かかります。この間に支払う手数料の総額は15万9,570円となるので、トータルの支払額は65万9,570円です。

もし残高50万円の時点で任意整理をすると、手数料の15万9,570円は免除になり、元本の50万円のみを支払うことになります。毎月の支払金額を1万円としても、4年2か月(50回)で支払いが終わります。任意整理をすれば借金を減らすことができ、毎月の支払いが楽になることがおわかりいただけるでしょう。

任意整理する場合としない場合の違いを表にまとめると、以下のようになります。

 任意整理しない場合任意整理した場合
毎月の支払額3,000円~2万円1万円
支払回数77回50回
支払期間44年2か月
支払総額65万9,570円50万円
手数料総額15万9,570円0円

支払い困難になりがちなリボ払いのしくみ

支払困難

リボ払いにすれば毎月の支払い額は一定

クレジットカードの「リボ払い」とは「リボルビング払い」とも呼ばれ、毎月の支払い額がほぼ一定額になるというものです。

リボ払いを選択した場合、利用残高とカード会社の手数料を合わせて、毎月決まった金額を支払っていくことになります。買い物しすぎても月々の支払い額は変わらないので、支払い計画が立てやすく、安心感を覚えることもあります。

リボ払いの借金は膨らみやすい

クレジットカードのリボ払いは便利ですが、うっかりするとトータルの支払い金額が大きく膨らんでしまうリスクがあります。

クレジットカードのリボ払いの手数料は、実質年率15%程度の高利率です。カードの利用残高が増えると、毎月の支払金額のうち手数料(利息)に充てられる部分が少なくなり、利用残高(元本)がなかなか減りません。

つまり、カード会社に対する借金が増えているのと同じ状態です。

クレジットカードの場合、支払いをしている間にも次の買い物をしてしまいがちなので、借金は増える一方です。毎月の支払い額が変わらないので、借金が増えているという実感がなく、気が付けば膨大な手数料を払っていたということがあります。

気付かない間にリボ払いになっていることも

クレジットカードの支払方法は原則的に買い物時に選択するので、通常はリボ払いを選択しない限り、リボ払いにはなりません。しかし、何もしなければ自動的にリボ払いになるようなカードもあり、気が付かないうちにリボ払いをしているケースがあります。

うっかりしていてリボ払いによる借金を増やすことのないよう、毎月の利用明細はきちんとチェックしておくことが大事です。

クレジットカードはショッピング枠も債務整理できる

クレジットカードのリボ払いで借金が増えてしまうと、支払いが終わる目途が立たなくなってしまいます。また、残高に応じて月々の支払い額が変わる残高スライド方式の場合、毎月の支払い額が増えて支払い困難になることもあります。

上でも説明しましたが、リボ払いの借金の支払いで困ったときには、債務整理(任意整理)を考えましょう。クレジットカードの場合、キャッシング枠だけでなく、ショッピング枠も任意整理可能です。

クレジットカードの任意整理とは、カード会社と交渉し、毎月の支払い額や支払い期間など、支払い条件を変更してもらう手続きになります。任意整理の場合、裁判所を通す必要もないので、簡易迅速に手続きが完了します。

キャッシング枠を債務整理するならショッピング枠も債務整理が必要

クレジットカードのキャッシング枠を利用して借金をし、借金が大きく膨らんで、債務整理を考えることもあるでしょう。キャッシング枠の任意整理を希望するとき、ショッピング枠に利用残高があれば、ショッピング枠も合わせて任意整理する必要があります。

同様に、キャッシング枠の借入残高がある場合、ショッピング枠のリボ払いだけを債務整理することもできません。同じ会社のカードで、キャッシング枠とショッピング枠を切り離すということはできないことになります。

まとめ

クレジットカードのリボ払いで買い物し過ぎると、払っても払っても利用残高が減らない状態になることがあります。リボ払いはできるだけ避けた方が無難ですが、もしリボ払いを選択するなら、くれぐれも残高を増やさないよう注意しましょう。

リボ払いの借金が増えて支払いできる見込みがなくなったら、債務整理をする方法があります。債務整理をすれば、将来利息(手数料)がカットされるので、支払いの見通しが立ちます。

はやみず総合事務所では債務整理のご相談もお受けしています。クレジットカードの支払いでお困りの方はぜひご相談ください。

借金相談


お探しの記事は見つかりましたか?

関連する記事はこちら

計算機
任意整理の際に保証人へ与える影響について
債務整理に掛かる費用・相場はどのくらい?
ローン残債が残っている不動産は売却できるの?
カレンダー
債務整理にかかる期間はどのくらい?
お金
借金の返済方法に困ったら債務整理を視野に!
車
車のローンを任意整理の対象にするとどうなるの?
借金は一本化する方が返済は楽になるの?
住宅ローンが払えない場合の債務整理と不動産売却
借金
債務整理のデメリットと回避する方法
任意整理はどのくらいの費用がかかるの?

お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料。オンライン相談も可能です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

司法書士法人はやみず総合事務所トップ > ブログ > 基礎知識 > リボ払いの債務整理で得るメリットと負うデメリットを比較解説
お気軽にご相談ください。※オンライン相談有
代表速水
お問い合わせ・ご相談はこちらまで お問い合わせフォーム
お電話 03-5155-9195
平日:9:00~18:00 / 水曜:10:00~18:00