司法書士法人はやみず総合事務所トップ > ブログ > 登記住所変更 > 会社の本店移転登記(住所変更)後の各種届出について
カテゴリー: 登記住所変更

会社の本店移転登記(住所変更)後の各種届出について

監修
司法書士 速水陶冶
/司法書士法人はやみず総合事務所 代表

東京司法書士会所属。1979年東京都生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。2009年司法書士試験合格。

東京司法書士会所属。1979年東京都生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。2009年司法書士試験合格。

会社の本店移転の手続きは、法務局で本店移転登記を行ったら終わりではありません。登記が完了したら、役所等への届出が必要になります。ここでは、本店移転登記後の各種届出について、提出書類や期限などをまとめています。届出しなければならないところは多いので、もれのないように手続きしましょう。

税務署への届出

税務署

会社には法人税がかかるほか、会社から給料が払われる役員や従業員には所得税がかかります。会社の本店を移転したときには、税務署へ届出しなければなりません。税務署では「異動事項に関する届出」と「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」を行います。

提出書類期限備考
異動届出書移転後速やかに・移転前の税務署に提出
・添付書類不要
・e-Taxによる手続きも可
給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書移転後1か月以内

【参考】

国税庁:異動事項に関する届出

国税庁:給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

都道府県税事務所への届出

会社には地方税である法人住民税や法人事業税もかかっているため、本店移転の際には都道府県税事務所への届出も必要です。具体的な手続き方法は各都道府県によって異なりますので、提出先の都道府県税事務所に確認してください。

提出書類期限備考
異動届出書、法人異動事項申告書など速やかに・他の都道府県に移転する場合には、移転前・移転後両方の都道府県税事務所に提出
・同一都道府県内での移転の場合には移転後の都道府県税事務所に提出
・登記事項証明書や定款の添付が必要

市区町村への届出

会社が本店を移転したときには、市区町村役場にも届出が必要な場合があります。具体的な手続き方法は市区町村に確認が必要です。

提出書類期限備考
異動届出書、法人・事務所等異動届など(※法人住民税関連)速やかに・他の市町村に移転する場合には、移転前・移転後両方の役所に提出(東京23区は届出不要)
・登記事項証明書や定款の添付が必要
特別徴収義務者所在地等変更届出書(※個人住民税関連)速やかに・役員や従業員の住民税の特別徴収を行っている場合に必要
・移転前の役所に提出

年金事務所への届出

年金

会社の場合、社会保険に加入しているはず。年金事務所へも本店移転の届出が必要になります。

提出書類期限備考
健康保険・厚生年金保険適用事業所名称/所在地変更(訂正)届移転から5日以内・移転前の年金事務所に提出
・登記事項証明書の添付が必要

社会保険に関しては、移転先が同一都道府県の場合には届出日の翌月の1日から、移転先が異なる都道府県の場合には届出日の翌々月の1日から変更が適用されます。

【参考】

日本年金機構:事業所の名称・所在地を変更するとき

労働基準監督署への届出

会社で労働者を雇用している場合には、労働保険に加入しているはずです。この場合、本店移転の際に労働基準監督署への届出をしなければなりません。

提出書類期限備考
労働保険名称・所在地等変更届移転から10日以内・移転後の労働基準監督署に提出
・添付書類については提出先に確認要
・e-Govによる手続きも可

ハローワークへの届出

会社で労働者を雇用して労働保険に加入している場合、労働基準監督署に加えて、ハローワークにも本店移転の届出を行う必要があります。

提出書類期限備考
雇用保険事業主事業所各種変更届移転から10日以内・移転後のハローワークに提出
・登記事項証明書の添付が必要
・e-Govによる手続きも可

【参考】

ハローワークインターネットサービス:雇用保険事業主事業所各種変更届

まとめ

本店移転の際には、登記が完了した後も、届出しなければならないところがたくさんあります。本店移転の届出には期限が設けられていることもあるので、迅速にすませなければなりません。本店移転が決まったら、登記手続きの準備と合わせて、届出の準備もしておきましょう。


お探しの記事は見つかりましたか?

関連する記事はこちら

本店移転登記の手続きを分かりやすく解説
会社設立の準備に必要な物と流れについて
剰余金・準備金の資本組入れ
会社の定款変更にかかる費用相場と見落としがちな注意点
企業支援制度の上手な活用法
ポイント
会社の登記変更の際に確認すべきポイント
マンション管理組合法人の登記手続き|司法書士はやみず総合事務所
定款の原本証明とは。どんな場面で必要になるのか。
会社継続登記とは?手続きと流れについて
定款の絶対的記載事項とは?

お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料。オンライン相談も可能です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

司法書士法人はやみず総合事務所トップ > ブログ > 登記住所変更 > 会社の本店移転登記(住所変更)後の各種届出について
お気軽にご相談ください。※オンライン相談有
代表速水
お問い合わせ・ご相談はこちらまで お問い合わせフォーム
お電話 03-5155-9195
平日:9:00~18:00 / 水曜:10:00~18:00