カテゴリー: ブログ

株の相続と売却に関する注意点

亡くなった親族が株を保有していた場合には、株の相続手続きをしなければなりません。

相続した株をすぐに売却したい場合でも、相続手続きは必要になるので、忘れずに手続きするようにしましょう。ここでは、株の相続の仕方や売却の際の注意点について説明します。

相続まるごと代行

相続開始後被相続人の保有していた株はどうなる?

株は相続人の準共有となる

相続が発生したら、亡くなった人(被相続人)が持っていた財産の所有権は、相続人に移ります。相続人が複数いる場合には、相続人全員で法定相続分ずつ財産を共有するのが原則です。

被相続人が持っていた株(株式)も、相続開始と同時に、相続人全員で共有することになります。しかし、共有のままでは都合が悪いので、誰が株を相続するかを決めなければなりません。

なお、所有権以外の権利を複数で持つ場合、厳密には準共有といいます。相続開始後、株は相続人の準共有状態になります。

株を相続する人を遺産分割協議で決める必要がある

遺産分割協議とは、遺産を分けるための相続人同士の話し合いのことです。被相続人の残した財産は相続人全員の共有状態なので、誰がどの財産を相続するかを決める必要があります。このための話し合いが遺産分割協議です。

株を相続する人も、遺産分割協議で決める必要があります。株式を所有している人が変わったら名義変更(名義書換)が必要ですが、遺産分割協議で誰が株を相続するかを決めない限り、株式の名義変更もできないことになります。

株式の名義変更をするには

遺産分割協議で株式を相続する人が決まったら、株式の名義変更手続きを行います。株の相続手続きは、株式の名義変更をすることにより完了します。

株式の名義変更方法は、上場株式か非上場株式かで変わってきます。上場株式の場合には証券会社で手続きしますが、非上場株式の場合には発行会社で手続きするのが原則です。

被相続人が自社株を保有していた場合

被相続人が会社経営者で自社の株を保有していた場合には、事業承継や清算の手続きが必要になります。事業承継等には専門的な知識が求められるので、なるべく早い段階で専門家に相談しましょう。

株の相続手続きの進め方

株の相続手続きの大まかな流れは、次のようになります。

1. まずは株式の調査をする

被相続人が株式を持っていた場合、あるいは持っていたであろうと推測される場合、相続開始後に相続財産調査を行って株式についても調べる必要があります。株式の調査では、どこの会社の株を何株持っていたのかを確定させます。

現在、上場会社の株式は電子化されており、株券は発行されていません。株を保有していても、株券は持っていないことが多いということです。被相続人が株式を持っていたかどうか確認するには、自宅に届いている郵便物などを調べる必要があります。

証券会社からの郵便物や、株主総会招集通知がないかどうかをチェックします。通帳の履歴からわかることもありますので、通帳も確認しましょう。

被相続人が取引していた証券会社がわかれば、証券会社の窓口で残高証明書(株主名簿記載事項証明書)の発行を請求することにより、被相続人が保有していた株式の明細がわかります。残高証明書は、相続人の1人からでも請求可能です。

残高証明書の請求をする場合には、次のような書類が必要になります。

〇被相続人の除籍謄本及び相続人の戸籍謄本

(※法定相続情報証明制度を利用する場合には、法定相続情報一覧図の写しで代用可)

〇相続人の印鑑証明書

非上場株式の株券などが出てきたら、発行会社に個別に問い合わせて確認する必要があります。

2. 相続人全員で遺産分割協議をする

株式を含むすべての相続財産が確定したら、相続人全員で遺産分割協議を行います。遺産分割協議で、株式を相続する人を決めます。株式を複数の相続人で相続することも可能です。この場合には、誰が何株相続するかを確定させます。

遺産分割協議が成立したら、決まった内容を遺産分割協議書という書面にまとめなければなりません。遺産分割協議書には、相続人全員が実印を押印します。

3. 株式の名義変更手続きをする

遺産分割協議書に従って、株式の相続手続き(名義書換)を行います。

【上場株式の場合】

証券会社の窓口で、次のような書類を提出して手続きします。

○証券会社指定の届出書(株式名義書換請求書等)

○遺産分割協議書

○戸籍謄本

○相続人全員の印鑑証明書

※タンス株の場合

株式が電子化される前から発行されており、電子化の手続きをしないままタンスなどに放置されている株式をタンス株と言います。

タンス株は、上場会社が信託銀行等に開設している特別口座で管理されているため、これを相続人名義の証券口座に移管する手続きが必要です。

証券会社に相続手続依頼書(移管依頼書)を提出して手続きすることになりますが、手続き方法については証券会社に確認しましょう。

上場株式を相続する人は、証券口座を保有していなければなりません。株を相続する人が証券口座を持っていない場合には、あらかじめ口座開設をしておく必要があります。

【非上場株式の場合】

株式発行会社に、株主名簿記載変更申請書を提出し、名義書換を行います。詳しい手続き方法については、株式発行会社に確認しましょう。

相続した株式を売却することはできる?

相続まるごと代行

遺産分割で株式の売却代金を分けることも可能

被相続人が株を残している場合、その株を売却して現金化し、相続人で分けたいと考えることもあるでしょう。相続財産を現金化して分割する方法は換価分割と呼ばれ、遺産分割の1つの方法として認められています。相続人全員が同意すれば、株式を売却して売却代金を分けることもできます。

なお、被相続人名義のままの株を売却することはできません。換価分割する場合には、一旦相続人の代表者名義に変更して売却手続きを進める必要があります。被相続人の代表者が証券口座を持っていない場合には、証券口座の開設も必要です。

換価分割する場合、遺産分割協議書に換価分割する旨のほか、売却代金をどのように分けるかも記載しておきます。株式の場合、売却時期によって株価が大きく変わることがあるため、売却の時期も決めておいた方がよいでしょう。

遺産分割後は株式を自由に売却できる

遺産分割協議で株を取得した相続人は、その株を保有しておく以外に、売却する選択肢があります。遺産分割後の株式は、その株式を相続した人の意思だけで自由に売却ができるので、他の相続人の同意を得る必要はありません。

株式を売却後したら譲渡所得税がかかる

相続した株式を売却して譲渡所得(譲渡益)を得た場合、譲渡所得税が課税されるので、相続人は確定申告して納税しなければなりません。

なお、譲渡所得を計算するときには、取得費及び譲渡費用を差し引きできます。相続税の申告期限から3年以内(相続開始から3年10か月以内)に株を売却した場合には、払った相続税の一部を株の取得費に加算することができるので、税金が安くなります。

まとめ

株の相続手続きは、基本的には銀行預金の相続手続きの流れと同様になります。ただし、上場株式と非公開株式で手続き方法が違うこともあり、被相続人が所有していた株式によっては手続きが複雑になってしまいます。

被相続人が保有していた株がわからない場合や、手続きに困った場合には、早めに専門家に相談して対処することが大切です。

相続まるごと代行

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

× 閉じる