司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 相続Q&A > 相続にも期限がある!手遅れになるまえに
カテゴリー: 相続Q&A

相続にも期限がある!手遅れになるまえに

相続にも期限がある!手遅れになるまえに

家族や親戚が亡くなったときには、相続手続きをする必要があることはご存じのことと思います。
けれど、身内が亡くなるというのはただでさえショックな出来事ですし、忙しければ相続手続きにもなかなか手が付けられないことがあります。

相続手続きの中には期限が定められているものもあり、放っておくと手遅れになることもあります。
相続手続きの期限について、しっかり確認しておきましょう。

目次

相続まるごと代行

相続手続きの期限とは?

相続手続きの期限とは?

相続手続きとは、被相続人(亡くなった人)が持っていた財産を、家族などの相続人に引き継がせる手続きです。実は相続そのものには期限というのはなく、仮に相続手続きをせずに放置していても、被相続人の財産が国に取り上げられたり他人のものになってしまったりするようなことはありません。

しかし、相続発生に伴ってしなければならない手続きの中には、期限が定められているものがあり、期限に遅れると取り返しのつかないことになる可能性もあります。
また、期限が定められていない手続きについても、放置しておくと後々困ったことになることが多いですから、できるだけ早めにすませておいた方が安心です。

相続手続きの流れと期限

相続手続きについては、全体の流れを把握しておく必要があります。以下に、相続手続きの一般的な流れと、それぞれの手続きの期限について説明します。

1.被相続人の死亡
相続手続き開始

相続は、被相続人が亡くなったらすぐに開始します。相続手続きの期限は、相続開始時もしくは相続開始を知ったときから起算することになります。

2.遺言書の有無の確認
遺言書の有無

相続財産を分けるには、法律で定められているとおり分ける方法(法定相続)以外に、遺言によって分け方を指定する方法があります。被相続人が遺言書を残していれば遺言書による指定が優先しますから、相続手続きでは、まず、遺言書の有無を確認します。遺言書は単なる「遺書」とは違い、財産上のことだけを書いたものになります。

遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言といった種類がありますが、自筆証書遺言や秘密証書遺言が残されている場合には、家庭裁判所で検認を受けなければなりません。検認に明確な期限は定められておらず、相続開始を知った後もしくは遺言書を発見した後「遅滞なく」行うべきものとされています。

3.相続人・相続財産の調査及び確定
調査及び確定

被相続人の亡くなるまでの戸籍を取り寄せ、法律上、誰が相続人になるのかを確定します。また、被相続人の財産には具体的にどんなものがあるのかを調査し、財産目録を作成します。

戸籍謄本の取り寄せや相続財産の調査には時間がかかることがありますので、なるべく早く取り掛かりましょう。

4.相続放棄又は限定承認(※3ヶ月以内)
相続放棄又は限定承認

相続が起こった際、何もしなければ「単純承認」と言って、被相続人のプラスの財産だけでなくマイナスの財産である借金も受け継ぐことになります。借金を相続したくない場合には、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所において「相続放棄」又は「限定承認」の手続きをする必要があります。相続放棄と限定承認には、次のような違いがあります。

5.相続放棄
相続放棄

相続放棄すれば、被相続人の権利や義務を一切受け継がないことになり、相続人ではなくなります。相続放棄は、相続人が複数いる場合にも1人だけで手続きできます。

相続放棄代行サービス
6.限定承認
限定承認

限定承認は、相続によって得た財産の範囲内で借金などの債務を受け継ぐ方法です。相続人が複数いる場合には、限定承認は相続人全員で行わなければなりません。

相続放棄や限定承認をする期間は延長することもできますが、この場合にも必ず本来の期限までに家庭裁判所に申し立てしなければなりません。期限に遅れた場合には、有無を言わさず借金を相続することにもなってしまいますからくれぐれも注意しておきましょう。

7.所得税の準確定申告(※4ヶ月以内)
所得税の準確定申告

被相続人が年の途中で亡くなった場合には、1月1日から死亡日までの所得に対して所得税が発生している可能性があります。亡くなった人は自分で確定申告できませんから、相続人被相続人の所得について「準確定申告」を行って所得税を納付します。準確定申告は、相続開始から4ヶ月以内に、被相続人が亡くなった当時の納税地の税務署で手続きしなければなりません。

なお、サラリーマンが在職中に亡くなった場合には、死亡退職時までの給与等について年末調整されるため、通常は準確定申告は不要です。

8.遺産分割協議
遺産分割協議

相続人全員で、相続財産の分け方について話し合う必要があります。これを「遺産分割協議」と言います。遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議自体に期限はありませんが、相続税の優遇措置(配偶者の税額軽減、小規模宅地等の評価減の特例など)を受けるためには遺産分割協議が成立していることが前提になりますから、できるだけ相続税申告期限までに終わらせておきましょう。

9.相続税の申告及び納付(※10ヶ月以内)
相続税の申告及び納付

相続財産の額が一定規模を上回ると、各相続人に相続税の申告・納付義務が発生します。また、配偶者の税額軽減等の優遇措置を受ける場合にも、申告が必要です。

相続税の申告・納付は、相続開始を知ったときから10ヶ月以内に、被相続人が亡くなった当時の住所地の税務署で行わなければなりません。もし期限内に申告しなかった場合には、無申告加算税などのペナルティが課せられます。

なお、期限までに相続税を一括納付できないときには、延納(分割納付)や物納(金銭以外での納付)という方法もあります。この場合にも、本来の申告期限までに税務署で手続きして許可を受けなければなりません。

10.相続財産の名義変更
相続税の申告及び納付

相続財産について、名義変更や解約等の手続きを行います。

相続財産の中に不動産がある場合には、相続登記(名義変更)をする必要があります。相続登記には、特に期限はありません。しかし、相続登記をしないまま長期間放置していると、相続人のうちの誰かが亡くなったり、手続きに必要な書類を揃えるのが難しくなったりするなど、いろいろなデメリットが考えられます。相続登記もできるだけ早めにすませるようにしましょう。

まとめ

上記1~10.の手続きは、同時並行して可能なものもあります。また、必ず全てをやらなければならないわけではなく、どの手続きが必要かはケースバイケースになります。

なお、期限の設定されている手続きについては、遅れることで大きな不利益を被ることもありますから、くれぐれも注意しておかなければなりません。
相続手続きについて不安な場合は、専門家にご相談されることをおすすめします。

相続まるごと代行

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 相続Q&A > 相続にも期限がある!手遅れになるまえに
× 閉じる