司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 相続Q&A > 叔父・叔母が亡くなった時の相続順位について
カテゴリー: ブログ

叔父・叔母が亡くなった時の相続順位について

叔父や叔母は親族の中でも少し遠い存在なので、あまり縁がないという人も多いと思います。けれど、甥・姪として叔父・叔母の相続に関与しなければならないケースもあることを知っておきましょう。

ここでは、叔父・叔母が亡くなったときの相続順位や甥・姪が相続するときの注意点について説明します。

相続まるごと代行

叔父・叔母が亡くなったら誰が相続人になる?

相続人になる人には優先順位がある

人が亡くなったときには、その人(被相続人)の親族が相続人として財産を引き継ぐことになります。親族のうち誰が相続人になるかは民法で定められており、これを法定相続人といいます。

まず、被相続人に配偶者がいれば、必ず法定相続人となります。そのほかに、次のような人たちが上から順に相続人になります。

①第一順位 被相続人の子

②第二順位 被相続人の直系尊属

③第三順位 被相続人の兄弟姉妹

被相続人に子供がいれば、直系尊属(父母、祖父母等)や兄弟姉妹が相続人になることはありません。父母等が相続人になるのは子供がいないときで、兄弟姉妹が相続人になるのは子供も父母等もいないときです。

代襲相続により相続人になる人もいる

代襲相続とは、本来相続人になるはずの人が被相続人よりも前に亡くなっている場合に、その人の子などが代わりに相続人になることです。

法定相続人のうち、第一順位の子と第三順位の兄弟姉妹には代襲相続があります。第二順位の直系尊属は上の世代にさかのぼることになるので、代襲相続はありません。

なお、第一順位については、子供が亡くなっていればその子供である孫、孫が亡くなっていればその子供であるひ孫と、どこまでも代襲します。一方、第三順位については、兄弟姉妹が亡くなっていればその子供である甥・姪が代襲しますが、その下の世代への再代襲はありません。

叔父や叔母の法定相続人は?

叔父や叔母が亡くなったとき、子供がいればその子供、すなわち自分のいとこが相続人です。いとこがいなければ、叔父・叔母の親、すなわち自分の祖父母が相続人になります。いとこも祖父母もいない場合、叔父・叔母の兄弟姉妹である自分の親が相続人となります。

もし叔父・叔母の兄弟姉妹である自分の親が既に亡くなっていれば、代襲相続が発生し、自分に相続権が回ってきます。

甥や姪の立場で叔父・叔母の相続人になるケースとは?

相続まるごと代行

甥や姪は代襲相続により相続人となる

被相続人に子供がおらず、父母や祖父母も既に亡くなっている場合、第三順位の兄弟姉妹が相続人になります。しかし、高齢の被相続人なら、兄弟姉妹も既に亡くなっているケースが多いはずです。

このようなケースでは、兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲相続により相続人となります。

子供や親が生存していても甥・姪が相続人になるケースもある

被相続人の子供または親が生存していれば、通常は甥や姪まで相続権が回ってくることはありません。しかし、先順位の相続人が相続放棄をしていれば、後順位の人が相続人になることがあります。

相続放棄とは相続人としての地位を放棄することです。相続放棄をすれば最初から相続人でなかったことになり、相続においては存在しないのと同じ扱いになります。つまり、被相続人の子供や親が相続放棄をしていれば、甥・姪が相続人になることがあります。

兄弟姉妹が生きていれば甥・姪は相続人にはならない

甥・姪が相続人になるのは、兄弟姉妹が亡くなっている場合に限定されます。被相続人の兄弟姉妹が生きていれば、たとえ相続放棄をしたとしても、甥・姪が代襲相続することはありません。

叔父や叔母が亡くなったとき、その兄弟姉妹である自分の親が生きていれば、自分は相続には関係しないことになります。

甥や姪の法定相続分は?

法定相続分とは、法定相続人が相続できる財産の割合です。甥や姪の法定相続分は、兄弟姉妹の法定相続分に準じます。

被相続人に配偶者がおらず、兄弟姉妹だけが相続人になるケースでは、兄弟姉妹の人数で財産を均等に分けます。たとえば、被相続人に兄と妹が1人ずついるケースでは、法定相続分は兄も妹も2分の1ずつです。

もし兄が亡くなっていて兄に2人の子(甥・姪)がいれば、兄の相続分の2分の1を子供の人数で割ることになり、甥も姪も4分の1ずつとなります。

叔父や叔母の相続人になったときに注意しておくべき点

亡くなった親に兄弟姉妹がいるときには注意

親族と言っても叔父や叔母となると、ほとんど付き合いがないことも珍しくありません。亡くなったこと自体知らないということもありますが、仮に知っていても自分が相続人になるとは全く考えていないこともあるでしょう。

もし自分の親が既に亡くなっているなら、親の兄弟姉妹の相続人に自分がなる可能性があります。叔父叔母にあたる人がどこでどうしているのかといった情報は確認しておいた方がよいでしょう。

相続放棄すべきかどうかを検討

付き合いのない叔父や叔母の相続にはかかわりたくないという人も多いでしょう。そのような場合には、相続放棄をすることができます。

相続放棄の手続きは、自分が相続人であることを知ったときから3か月以内にしなければなりません。叔父・叔母が亡くなってから3か月以上経っていても、亡くなったことも相続人であることも全く知らなかった場合には手続きできます。速やかに相続放棄の検討をしましょう。

特に、先順位の人が相続放棄をして自分に相続権が回ってきた場合には、被相続人が借金を残している可能性があります。相続放棄をしなければ、自分が借金を引き継ぐことになりますから十分注意しておきましょう。

遺産分割協議に参加しなければならない

被相続人の残した財産を分けるときには、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。たとえ会ったことがない叔父・叔母であっても、自分が法定相続人なら、遺産分割協議に参加しなければなりません。

財産を相続したくない場合には、相続放棄をするか、遺産分割協議で相続したくない旨を伝えて他の相続人の了承を得る必要があります。

甥や姪には遺留分がない

叔父・叔母が亡くなったときに相続人になる甥・姪は、相続が発生したら財産をもらえると期待しているかもしれません。しかし、叔父・叔母が遺言を残していれば、遺言が優先するので、甥・姪が財産を相続できないことがあります。

第一順位と第二順位の相続人には最低限の取り分として遺留分がありますが、第三順位の兄弟姉妹には遺留分がありません。兄弟姉妹の代襲相続人である甥・姪にも遺留分はないので、法定相続人であっても全く財産を相続できない可能性があります。

相続税は2割加算

相続により財産を取得した場合、遺産の規模によっては相続税を負担しなければなりません。相続税には、被相続人の配偶者、1親等の血族、子の代襲相続人以外は税額が2割加算されるというルールがあります。

甥・姪は兄弟姉妹の代襲相続人なので、2割加算の対象になります。相続税は相続開始から10か月以内に申告・納税しなければなりません。甥・姪は財産を相続できても、相続税の負担が大きくなることがあるので注意しておきましょう。

まとめ

自分の父や母が亡くなっている場合、代襲相続により叔父・叔母の相続人になることがあります。相続人であっても、必ず財産をもらえるとは限りません。場合によっては借金を背負わされることもありますから要注意です。

叔父・叔母の相続人になる可能性があるなら、相続開始後に相続放棄や遺産分割協議などの手続きが必要になることを認識しておきましょう。

相続まるごと代行

お客様の生の声お客様の生の声

ブログカテゴリー

代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

お問合せ・ご相談は
無料です。

お問合せをする

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

Contents Menu
当社へのアクセス

相続手続き・会社設立の代行・登記・債務整理など、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

無料相談・出張相談・土日祝日も対応可能です。

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号花富士ビル3階
定休日 :土曜・日曜・祝日
最寄駅 :高田馬場・西早稲田

03-5155-9195

9:00~18:00(平日)
10:00~18:00(水曜)

>ブログ一覧へ
お問合せ・ご相談は無料です。ご気軽にお問合せください。無料相談・出張相談・土日祝対応可能 03-5155-9195 受付時間:9:00~18:00(平日)お問合せ・ご相談
代表速水著書 親が認知症になる前に読む お金の本
メディア掲載実績
お客様の声

代表プロフィール

速水 陶冶
(はやみず とうや)

東京司法書士会(登録番号 5341号)
※簡易裁判所代理権認定(認定番号 1001015号)

お問合せ・ご相談は無料です。

  • お問合せ・ご相談
  • 電話をかける 受付時間:9:00~18:00(平日)

無料相談・出張相談・土日祝対応可能

司法書士・行政書士はやみず総合事務所トップ > ブログ > 相続Q&A > 叔父・叔母が亡くなった時の相続順位について
× 閉じる